バーミキュラで楽してヘルシーな食事を作った

2021年4月14日

バーミキュラセットを開封した画像
バーミキュラを注文して届いたもの

バーミキュラのレシピは、材料入れたら弱火で煮込むだけのレシピが多い。砂糖を入れなくても、野菜から出てくる甘みがあるので十分美味しい。

楽なのにヘルシーなバーミキュラでつくったレシピをご紹介します。

これまでに作ったレシピ

子どもが喜びそうなレシピを中心に作りました。

作ったレシピ 作り方(ご参考)
キャベツとしめじと鶏肉の蒸し焼き材料入れて塩コショウ、
弱火で30分
無水カレー材料入れて弱火60分、
ルーを入れて弱火10分
豚汁材料入れて弱火20分、
水と豆腐を入れて弱火10分、
みそを入れる
肉じゃが豚肉炒める
具材を入れて弱火25分、
いんげん追加して弱火5分
軽く混ぜ合わせて10分おく
白米お米と分量の水を入れて30分おく
中火で沸騰させたら極弱火で13分
そのまま13分蒸らす
鶏肉とマッシュルームのアヒージョオリーブオイル、塩、ニンニクを加熱
材料を入れて弱火で10分
混ぜ合わせる
バーミキュラ鍋で豚汁を作っている画像
落としブタで豚汁。だしは使わない

他のレシピも「材料入れて弱火で煮るだけ」が多い。弱火なので焦げる心配もなく、タイマーかけて他のことしてる。超楽です。

リピートNo.1はカレーライス

カレーと言えばバーミキュラ。材料を入れたら弱火で60分。水は加えず、野菜から出てくる水分で煮込む。

バーミキュラでカレーを作っている画像
トマト、玉ねぎ、セロリ、ニンジン、鶏肉を入れて作るカレー

60分経ったら、ルーを加えて混ぜて10分寝かせたら完成。いつものカレーがお代わりせずにはいられない、味わい深いカレーに。

甘口しか食べれなかった息子が、辛口を美味しい!と食べる。野菜からの甘味で辛みがマイルドになる。

バーミキュラでポークカレーを作っている画像
ポークカレーも美味しい

夏野菜(ズッキーニ、なす、トマト、玉ねぎ)カレーも美味しかった。

アヒージョもおすすめ

当初は1位だったけど、ジャガイモの価格高騰でカレーに抜かれた。オリーブオイルでコトコト煮るアヒージョ。ニンニクと塩のみの味付け。

皮付きジャガイモ、キノコ、鶏肉、ブロッコリーを投入したらいつもの弱火。

残ったオリーブオイルはペペロンチーノに活用できる。そのままパンに塗っても美味しい。

肉じゃがも豚汁もバーミキュラで

肉じゃがと言えばコトコト煮込むイメージだけど、バーミキュラなら水は不要。油も不要で肉を炒めたら野菜を乗せて弱火調理するだけ。

肉じゃがと豚汁調理中のバーミキュラの画像
肉じゃが(左)と豚汁調理中

醤油とみりんだけの味付けで十分美味しい。豚汁は途中で水と豆腐を追加する。だしは使わずに味噌だけ。優しくシンプルな味付け。

すべりやすいなべ底 落下に注意

バーミキュラのなべ底がつるつるであることを説明する画像
つるつるで滑りやすいなべ底

焦ったのは、滑り落ちそうなこと。鍋底がつるつるなのだ。五徳のセンターにとチョイ押ししたら、氷上のようにスーッと滑って落ちそうになった。

バーミキュラレビュー まとめ

バーミキュラ鍋に付属のレシピブック
付属のレシピ本

NHKの逆転人生を拝見して、買わずにいられなくなったバーミキュラ。家族みんな薄味になって、スーパーの総菜や調理済みの食品、野菜ジュースを買わなくなった。さらにコロナウイルスの影響もあって、外食はほぼゼロに。

買う前は高い!って思ってたけど、使用頻度が高いので1回あたりのコストはどんどん安くなってる。無水カレー専用でも買う価値あり。

料理

Posted by スマイル