お手軽に絶品カレーをつくるには?

2019年12月21日

お手軽に絶品カレーを食べたい!サッと作れて奥深い味わいのカレーを作る方法は?と模索した結果、無水カレーにたどり着いた記事です。

無水なべでカレーをつくる

無水なべとは、水を使わずに食材の水分だけで煮込み料理ができるなべです。ふたの重みで程よく密閉されているので、肉や野菜の水分が逃げません。

食材の固形分と水分のバランスも崩れないので、薄くも濃くもない絶妙な味わいに仕上がります。

そんな無水なべの中でも、職人さん仕上げのバーミキュラは密封の精度が違うそう。NHKの「逆転人生」で、精度の限界に挑戦する職人さんの作業ぶりが紹介されていて、その熱心さに思わず感動。

職人さんの魂こもったバーミキュラで料理をしたい!この鍋でカレーを作りたい!食べたい!と、早速購入しました。

バーミキュラでつくる絶品カレー

購入したのは22cmの無水なべです。

バーミキュラセットを開封した画像
バーミキュラを注文して届いたもの

説明書の他に、専用のレシピブックも同封されていました。カレー、アヒージョ、肉じゃが、白米などいろいろと作れるようです。

でも、まずはカレー。トマトやたまねぎ、ニンジンとお肉をたっぷり入れたら、ふたをして弱火で60分放置。

バーミキュラでカレーを作っている画像
この状態でフタをして弱火で1時間

ここまでの作業時間は10分くらい。

60分経ってふたを開けると、どこから出てきたのか?と思うほどの水分でグツグツ煮えてる(上の画像は鶏肉、下の画像は豚肉です)。

バーミキュラで1時間煮込んだ状態を伝える画像
野菜の水分だけで1時間煮込んだ状態

あとはルーを溶かし入れ、10分おいて馴染ませれば完成。お皿に盛りつけるまでの作業時間は、合計で15分くらい。

「甘口限定」だった子どもたちが、笑顔で「辛口」を食べちゃう。本当に不思議。ちなみにカレールーはいくつか試した結果、バーモントカレーの辛口に落ち着きました。

ちなみに、我が家のルーはほぼすべてハウス食品です。一番おいしい。

夏野菜(ズッキーニ、なす、トマト、玉ねぎ)カレーも美味しかった。お肉をシャウエッセンで代用しても美味しかったです。

シャウエッセンカレーの画像
シャウエッセンでも美味しい

絶品カレーだけではなかった

バーミキュラ鍋に付属のレシピブック
付属のレシピ本

バーミキュラは、絶品カレーだけではありません。専用レシピ本には、肉じゃがやアヒージョ、豚汁など紹介されています。

掲載レシピ 作り方(ご参考)
キャベツとしめじと鶏肉の蒸し焼き材料入れて塩コショウ、
弱火で30分
豚汁材料入れて弱火20分、
水と豆腐を入れて弱火10分、
みそを入れる
肉じゃが豚肉炒める
具材を入れて弱火25分、
いんげん追加して弱火5分
軽く混ぜ合わせて10分おく
白米お米と分量の水を入れて30分おく
中火で沸騰させたら極弱火で13分
そのまま13分蒸らす
鶏肉とマッシュルームのアヒージョオリーブオイル、塩、ニンニクを加熱
材料を入れて弱火で10分
混ぜ合わせる
紹介されているレシピ

どれも「材料入れて弱火」と簡単に作れます。

肉じゃが

バーミキュラなら水も油も使わずに肉じゃがができる。肉を炒めたら野菜を乗せて弱火で煮込むだけ。味付けは醤油とみりんのみ。ほっくほくの肉じゃがの出来上がり。

バーミキュラで作った肉じゃがを紹介する画像
バーミキュラで炊いた白米

白米

白米は、中火で一気に加熱して蒸らすように炊く。22cm鍋で6合まで炊けます。重いふたのおかげで、ふきこぼれもほとんどないのは嬉しいポイント。

圧力鍋だとモチモチ感が強くなりすぎるけど、バーミキュラはほど良い噛み応え。一粒一粒がしっかりして美味しい。

なべ底は滑りやすいので注意

バーミキュラのなべ底がつるつるであることを説明する画像
つるつるで滑りやすいなべ底

バーミキュラのなべ底はホーロー(エナメル)仕上げでツルツルしています。最後の混ぜ合わせのときは、ミトンで取っ手をしっかり持って、五徳から滑り落ちないよう気を付けてください。

お手軽に絶品カレーができた

カレーライスのイメージ画像
カレーライスのイメージ画像

バーミキュラを使ったら作業時間15分で、おいしいカレーができました。「今日はカレーだよ」というと「やったー!」って笑顔になる子どもたち。バーミキュラを買ってよかったです。

サムゲタンやシチューも美味しく仕上がります。

>> バーミキュラのAmazonページはこちら

料理キッチン,節約

Posted by Smile